【悪用禁止】友達の好きな人を奪った体験談

友達と好きな人が被った!私も彼のことが好きだったのに言い出せない!

どうもこんにちは

過去に好きな人を友達に奪われてきた経験が豊富にある
残念ガールのユイカです

私の天敵()でもある、友達の好きな人や彼氏を奪った経験がある人の、体験談を集めました。

ユイカ
ユイカ
今回のテーマは、
『友達と好きな人が被った!私も彼のことが好きだったのに言い出せない!』
という経験談です。

実際に友達の好きな人を奪った時、どういった心理が働くのか?などのリアルな体験談を聞くことで、自分自身の「好きな人」や「彼氏」を友達に奪われることを未然に防ぐ予防策を立てることもできるので、ぜひ参考にしてください。

友達と好きな人が被った!私も彼のことが好きだったのに言い出せない!

30代自営業/メグムさん(仮名)の場合

昔私は、レストランでアルバイトをしていました。
仲間の一人にとても仲の良い女の子の友人がいたのですが、その友人から1年ほど「上司に片思いをしている」という相談を受けていました。

片思いの相談を受けつつ、実は私もその上司のことが気になっていたのです。

でもそのことは友人には明かさずに、ずっと相談を受け続けました。
私の好きな人でもある彼の恋愛相談を受けるたびに、憂鬱な気分にもなり、とてもじゃないけど「実は私も彼のことが好き」なんて言い出せませんでした。

「彼のことが好きだけど、友達を裏切ることもできない」こんな生殺しのような苦しい思いをするのなら、いっそのこと彼のことを諦めてしまおうと、彼への気持ちを絶つ努力をしていました。

そんなある日のこと、彼女の好きな上司に私が呼び出され、告白をされました。

告白をされた瞬間、「やっぱりこの人のことが好きだ!」と思ってしまって、思わずOKをしてしまったのです。
告白をOKして、付き合い始めたのは良いものの、このまま友人の相談を受け続けるわけにはいきません。
彼女にどうやってこの事実を伝えるか悩みましたが、思い切って「付き合い始めた」ということを伝えました。

彼女は笑って許してくれましたが、陰では相当涙していたということを別の友人に聞きました。

その彼は結局数年ほどで別れてしまい、彼女とは今でも友人関係が続いています。

メグムさん
メグムさん
友達は彼のことを1年近く想っていたので、正直殴られても仕方ないと、覚悟していました。

しかし、笑って許してくれた友達の暖かさに感謝したと同時に、さらに申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

ユイカ
ユイカ

友達と好きな人が被るパターンですね〜
私も経験があるので、気持ちがとても分かります。

好きな人の恋愛相談ってある意味、言ったもの勝ち(先に周囲に相談したもの勝ち)ですよね。

男女のグループ交際の場合は特にそう感じます。
後から「私も彼のことが好きでした」なんて、言い出す勇気はなかなか持てませんよね。
友達を裏切ることになってしまうのはもちろん、周りの人間関係も壊してしまう可能性があるからです。

だから、できるだけ早い段階で好きな人の恋愛相談を周りにしておいた方が吉。
(後出しは言い出しにくいという原理を利用して、友達間で事前に牽制をかけておけるという効果もあります。)

し・か・し、
恋愛相談をしていくうちに、友達に好きな人を奪われてしまったりする危険性も含んでいるので、それが良策とも限りません。

【関連記事】
友達の恋の応援をしているつもりが私の方が彼を落としてしまった
友達の恋が上手くいくよう協力するうちに「彼を略奪しちゃった!」
恋の協力を友達にお願いしすぎも問題!略奪されても文句は言えない!

塩梅が難しいんですが、恋愛相談をする相手選びもとても大切なのです。

20代パート/ツバサさん(仮名)の場合

私が高校生の時のことです。
私の親友に好きな人が出来たと聞きました。
親友の好きな人は、私とよく話をする、同じクラスの男の子でした。

正直、私も彼のことが気になっていたので、親友からの告白にショックを受けてしまったと同時に、「彼を盗られる!」という焦りを感じてしまいました。

焦った私は、文化祭で告白をすることを決意。
後夜祭の時に、親友にバレないようにこっそり彼を屋上に呼び出し、すごく緊張しながらも、「前から気になっていてすごく大好きなので、私と付き合ってください」と告白しました。

その時、親友がドアに隠れて、私たちのことを見ているのに気づきました。
表情までは見えなかったのですが、少し心が痛くなり申し訳ないなと思っていたら、彼が「俺も気になってたし、好きだからいいよ。」と言われ、私たちは付き合うことになりました。

そのあと、後夜祭に戻ったときに、親友に「何してたの?」と聞かれたので、「告白してきた」と、正直に伝えました。

すると友人は泣きながら、「私が好きだったの知ってるよね?」と言いました。

私も自分の気持ちに嘘をつけなかったので、「私も前から好きだったから」と言い、その場を離れました。

その後、親友と会話することはなかったです。

ツバサさん
ツバサさん
心が痛かったし、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

それでも、私も彼のことが好きだし、とても苦しかったです。

ユイカ
ユイカ

結局ツバサさんとご友人は、仲直りができなかったのですね。
親友と同じ人を好きになった場合って本当に苦しいですよね。

先に相談を受けてしまった手前、「自分も好きだった!」なんて言いだす勇気は、なかなか持てないものです。

いさぎよく、正々堂々正面から彼をかけた勝負をしても良いのですが、やはり敗者はツライものです。
何かしらのシコリが残ってしまうので、できれば親友と好きな人が被らないに越したことはありませんね。

【関連記事】順番なんて関係ない!友達と同じ人を好きになって正々堂々勝負!