【悪用禁止】友達の好きな人を奪った体験談

友達の彼氏の二股彼女になれたけど、男が下衆で私が浅はかなだけだった

どうもこんにちは

過去に好きな人を友達に奪われてきた経験が豊富にある
残念ガールのユイカです

私の天敵()でもある、友達の好きな人や彼氏を奪った経験がある人の、体験談を集めました。

ユイカ
ユイカ
今回のテーマは、
『友達の彼氏の二股彼女になれたけど・・・
男が下衆で私が浅はかなだけだった』

という経験談です。

実際に友達の好きな人を奪った時、どういった心理が働くのか?などのリアルな体験談を聞くことで、自分自身の「好きな人」や「彼氏」を友達に奪われることを未然に防ぐ予防策を立てることもできるので、ぜひ参考にしてください。

友達の彼氏の二股彼女になれたけど、男が下衆で私が浅はかなだけだった・・・

30代会社員/イズミさん(仮名)の場合

私が中学生の時、同じクラス且つ同じ部活に所属していた友達A子の彼氏B男を好きになってしまい、最終的にB男を奪ってしまいました。

その女友達と彼氏のカップルは、同級生なら誰もが付き合っていることを知っているようなオープンなカップルでした。

私はそんなオープンなカップルの彼氏を奪う気なんてなかったのですが、B男は女慣れしていて、誰にでも親しく話すようなフレンドリーな男子でした。
中学生当時の私は、まだそんなに男の人とフレンドリーに話すようなことが出来なかったので、フレンドリーに話しかけてくるB男のことを勘違いして、すぐに気になるようになりました。

また私の性格上、人の彼氏や人の持っているものを羨ましく思ってしまう傾向があるのでそれも関係していたと思います。

B男のことが気になるようになってからは、B男と隠れて一緒に下校したり遊びに行ったり、まるでカップルのように過ごしていました。
すごく罪悪感はありましたが、その関係を止めることはできませんでした。

その時の私は何も考えられず、本当に恋に盲目でした。
A子と毎日クラスでも部活でも顔を合わせていて、一人気まずかったので自然に避けたりしていましたが、A子は何一つ態度を変えず接してきていたので、私たちの関係に気付いていないと思っていました。

それからのち、私はB男と付き合い始めました。
実質二股状態になるのですが、片想いが実ってとても嬉しく楽しく毎日B男のことしか考えていませんでした。

しかし、B男が自分のものになって少し経ったとき、今さら遅いのですが冷静に物事を考えられるようになりました。
「このことが学校のみんなにバレたら・・・」と、バレた後のことを考えるとB男への気持ちが一気に冷めました。
一時の感情で、自分自身の信用をすべて失ってしまうのではないかと。

私の考えも浅はかでしたが、普通に二股をしているB男も、冷静に考えたらありえないですよね。

急に二股彼女の自分が怖くなり、B男とすぐに別れました。
そして、いつもの平穏な日常を取り戻せたのです。

後に分かったことですが、A子は最初から私とB男の関係に気付いていて、全て分かっていたけど私になにも言ってきませんでした。
一時の感情で一人で舞い上がって、多くの人を傷つけた自分の愚かさを反省したと共に、A子の寛大さに本当に救われた中学生時代でした。

イズミさん
イズミさん
友達の彼氏を奪った時に感じたことは、罪悪感と彼氏が自分のものになって嬉しい気持ちと半分半分でした。

若気の至りというやつでしょうか。
今思い返せば、最低なことをしたなと思います。

ユイカ
ユイカ
二股パターンですね!
二股って分かっていて付き合う女性側にも責任がありますが、男性側のだらしなさ加減にも腹が立ちます。

本命彼女さんは、そのことをすべて許すことができる心の広さ・・・
こんなだらしない男と校内公認のカップルにならなくても、ほかに素敵な男子がいそうですけどね(苦笑)

まぁしかし、中学生の頃の出来事とのことなので、みんなモテたいし、たくさんの異性と付き合いたいお年頃ですもんね。
ほろ苦い青春の1ページといったところでしょうか。

【関連記事】親友との関係をかき乱す最低男に遭遇!恋よりも友情を取った話